偶然に会ってしまった

ハンドメイドが趣味という男性とメールのやり取りをし始めてから半月は立ちました。
一日一通という暗黙のルールを作り、のんびりして充実したメールをやり取りすることができています。

 

そんな中、今日偶然にその男性に会ってしまいました。
男性とのやり取りの中で、木という小物に対して非常に興味が出てきて、今日は仕事が休みということもあって木で作っている小物雑貨がおいてある店をはしごしていました。
そしてかわいい小物がおいてある店を見つけて、入ったんです。
かわいい小物はどれもセンスが光っているのと同時に温かみがありました。
観葉植物を置くような小さな木の椅子を見つけて、それに自分で編んだ毛糸のラグを乗せたらかわいいだろうと思ってみていました。
お店の人に声をかけられて、かわいいですねという話をして、自分が編み物をしていること、ハンドメイドの木の作品に最近興味が出たということなどを話しているうちに、その店員さんが作品の主であルということがわかったんです。

 

一つ購入させてください、と言って買ってきた椅子にラグを乗せて観葉植物も乗せて満足しました。
そしてJメールで男性に今日の作品として報告したんです。
そしたら男性は今日行ったお店のスタッフであり、先ほど私が話した店員さんだったということがわかりました。

 

偶然ではありますがJメールからつながった出会いでした。
話も今までよりももっと弾むようになり、いい出会いになったと感じています。


ホーム RSS購読 サイトマップ